おすすめ記事

日本株は反発へ、米当局者発言で利上げ懸念和らぐ-医薬品など買い

記事を要約すると以下のとおり。

東京株式相場は反発の見込み。
米シカゴ先物市場(CME)の日経平均先物(円建て)の清算値は2万7505円と、大阪取引所の通常取引終値(2万7460円)に比べ45円高米国株はS&P500種が小幅安-米10年債利回りは3.81%程度と5ベーシスポイント低下市場関係者の見方東海東京調査センターの平川昇二チーフグローバルストラテジスト取引開始はほぼ横ばいとなるだろう。
米国市場で売られたハイテク株は買えず、長期金利の低下で金融株にも買いを入れにくい背景リッチモンド連銀総裁、0.25ポイント利上げを支持-対応の柔軟性指摘ボウマンFRB理事、利上げ継続が必要-インフレ抑制に向けニューヨーク原油先物は2.7%安の1バレル=76.34ドルと4日続落けさのドル・円相場は1ドル=134円台前半で推移、前営業日の日本株終値時点は134円74銭前日の海外市況はこちらをご覧ください。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 日本株は反発へ、米当局者発言で利上げ懸念和らぐ-医薬品など買い

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう