おすすめ記事

日本株は成長銘柄に売り、自動車は高く電機持ち直し-株価指数横ばい

記事を要約すると以下のとおり。

東京株式市場で株価指数は方向感のない値動き。
外国為替市場の円相場が1ドル=136円台の円安水準を維持していることに加え、中国のPMIは重要で、経済再開の動きがどの程度強まっているかを示しているきょう発表の米ISM製造業景況指数はリスク要因。
事前予想から上振れて米経済の強さを示すと、米金融当局のタカ派に対する懸念が強まり米国株がネガティブに反応する可能性がある東証33業種下落率上位海運、医薬品、電気・ガス、小売上昇率上位鉄鋼、非鉄金属、卸売、鉱業背景中国の製造業PMI、2月は約10年ぶり高水準-景気回復の勢い増す米債券市場の年内利下げ見通し、五分五分にまで後退-SOFRが示唆ドル・円相場は1ドル=136円台前半で推移、前日の海外市況はこちらをご覧ください。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 日本株は成長銘柄に売り、自動車は高く電機持ち直し-株価指数横ばい

Twitterでの意見

わい太@パート主夫×株投資
ISM製造業景況指数 が8ヶ月連続で50割れですが、日本株は割安な自動車、機械系銘柄は円安効果に押されて続伸して買えやしない。 出遅れ銘柄や既存の保有銘柄でもまだまだPBR1倍割れで成長性あれば長期で買増だな👍 投資家さんとつながりたい 投資初心者さんと繋がりたい

Twitterでフォローしよう