おすすめ記事

日本株ブームは終わらない、企業業績信頼で17年ぶり利上げにもめげず

記事を要約すると以下のとおり。

2007年以来となった 日本銀行による利上げも、日本株相場の記録的な騰勢を鈍らせることはなかった。
ただ、賃金の上昇がいずれ家計に打撃を与えることになる。
2月は「プラス5~10%」が最多だった。
日銀は17年ぶりの利上げに踏み切り、生鮮食品を除く消費者物価指数(CPI)などの数字はインフレの加速を裏付けている。
海外投資家と国内投資家が次に気にしているのは、日銀が追加利上げに踏み切るタイミングだ。
 JPモルガン証券クオンツストラテジストの高田将成氏は「短期金利ゾーンで追加利上げ観測が強まれば、今後の市場環境に影響を及ぼす」と分析。
日本株投資に特化するエバーリッチ・アセット・マネジメントは、日銀のマイナス金利解除後も銀行株や建設株への追加投資を検討している。
内需関連セクターは、夏には好転するとみている。
 独立系調査会社の智剣・Oskarグループの最高経営責任者(CEO)、大川智宏氏は「日本の国民性を考えると、給料が少し上がったからといって消費に回るかといえば、そうでもない」と言う。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 日本株ブームは終わらない、企業業績信頼で17年ぶり利上げにもめげず

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう