おすすめ記事

日銀のタカ派転換への懸念で期間短めの円建て社債発行が増加

記事を要約すると以下のとおり。

日本銀行が現行のイールドカーブコントロール(長短金利操作、YCC)政策を意外に早期に撤廃するのではないかとの投資家の見通しが強まっている結果、円建て社債の発行市場では金利変動の影響が比較的小さい年限短めの債券の発行が94%増えている。
米連邦準備制度が近く引き締めサイクルを終了するとの見方が背景にある。
投資家が「今後数週間に新たな圧力を加え、日銀が政策防衛を強いられる可能性を排除しない」とコメントした。
世界での同等年限の債券発行はわずか3%増だった。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 日銀のタカ派転換への懸念で期間短めの円建て社債発行が増加

Twitterでの意見

Azueri
日銀のタカ派転換への懸念で期間短めの円建て社債発行が増加(Bloomberg)
ワールドニュース of ビジネス/株式/FX/仮想通貨
[Bloomberg] 日銀のタカ派転換への懸念で期間短めの円建て社債発行が増加 日本銀行が現行のイールドカーブコントロール(長短金利操作、YCC)政策を意外に早期に撤廃するのではないかとの投資家の見通しが強まっている結果、円建て社...
ソンデン
Bloomberg news 日銀のタカ派転換への懸念で期間短めの円建て社債発行が増加 楽天ブックス

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

LINEじゃ言えない話はメルマガで配信してます。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう