おすすめ記事

本田圭佑氏の次の挑戦、150億円ファンドで探す日本の「デカコーン」

記事を要約すると以下のとおり。

元サッカー日本代表で投資家としての顔も持つ本田圭佑氏がこのほど、国内のスタートアップを対象にファンドを立ち上げた。
年内までに150億円規模のファンドを立ち上げた背景には、2022年に岸田文雄首相が示した方針がある。
政府は、27年度にスタートアップへの投資額を10兆円規模に増えた。
ただ、米オープンAIや中国のSHEIN(シーイン)といった世界に影響を与える規模の企業が出てきてない。
例えば、米俳優で主に消費財に投資するファンドを運営する投資家のケヴィン・ハート氏につなぐことも選択肢になるだろうと話す。
日本には規模の大きいスタートアップが少ない米国や中国に大きな遅れをとっているSource:米CBインサイツのデータを基にブルームバーグが作成目線は上に  同氏は創業者のマインド変革も後押ししたいと話す。
 投資対象は幅広く捉え、米国などで成功した事業モデルにいち早く取り組むタイムマシーン型やシリアルアントレプレナー(連続起業家)も想定する。
インキュベイトファンド代表パートナーで、日本の投資環境に詳しい村田祐介氏は、海外でも事業が成り立つスタートアップの登場は今後「必然になる」と話す。
そのうち3社が新規株式公開(IPO)した。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 本田圭佑氏の次の挑戦、150億円ファンドで探す日本の「デカコーン」

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう