おすすめ記事

物価目標実現の確度高まる、少しずつ緩和調整をと1委員-10月日銀会合

記事を要約すると以下のとおり。

 日本銀行が10月30、31日に開いた金融政策決定会合では、同会合で決めたイールドカーブコントロール(長短金利操作、YCC)の柔軟化について、金融緩和の出口と関連付けた議論が行われていた。
 先行きの金融政策運営の基本的な考え方に関して、最近の物価指標や春闘に向けた経営者の発言などを踏まえれば「物価安定の目標の持続的・安定的な実現の確度は従来と比べ一段と高まっていると考えられ、最大限の金融緩和から少しずつ調整していくことが必要」との意見が出た。
何人かの委員が「出口への一歩ではない」とし、植田和男総裁も記者会見で「政策の正常化へ歩み出す動きではない」と説明した。
新たな経済・物価情勢の展望(展望リポート)では、2023-25年度の消費者物価(生鮮食品を除くコアCPI)見通しを引き上げた。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 物価目標実現の確度高まる、少しずつ緩和調整をと1委員-10月日銀会合

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう