おすすめ記事

真犯人は「ゼロ・デー・オプション」-米国株急落でトレーダーら分析

記事を要約すると以下のとおり。

今年最も人気のデリバティブ(金融派生商品)であり、恐らく最も賛否両論が分かれる取引が、20日の米国株急落を引き起こした真犯人だとして市場関係者の注目を集めている。
 キャンター・フィッツジェラルドの株式デリバティブ取引責任者マシュー・ティム氏はパオロ・ザネロ氏と共同で執筆したリポートで、「しばらく前からゼロDTEをかなり警戒していた。」
 注目されたのは、4755-4765付近のプットオプションの取引。
相対力指数(RSI)は、数年来の低水準から急上昇した。
ゼロDTEオプションがS&P500種の下落をけん引したとソーシャルメディアのX(旧ツイッター)に投稿。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 真犯人は「ゼロ・デー・オプション」-米国株急落でトレーダーら分析

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう