おすすめ記事

米総合PMIが7カ月ぶり高水準、受注が堅調-雇用の伸びは鈍化

記事を要約すると以下のとおり。

S&Pグローバルが24日発表した米国の製造業・サービス業を合わせた1月の総合購買担当者指数(PMI)速報値は、7カ月ぶり高水準となった。
米総合PMI(季節調整済み)出所;S&Pグローバル・マーケット・インテリジェンスのチーフ・ビジネス・エコノミスト、クリス・ウィリアムソン氏は「2024年にインフレが低下し、生活費への圧迫が緩和され、金利低下への道筋が見えてくるとの期待にも信頼感は支えられた」と発表文で指摘した。
 「物価上昇率が新型コロナウイルス大流行に伴うロックダウンが起きた後で最も緩やかなペースとなる中、販売価格指数は昨年4月以来の水準に上昇。」
納入時間  製造業者は輸送の混乱や寒波を要因とする納入の遅れにも言及した。
製造業が22年5月以来の高水準と、伸びをけん引した。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 米総合PMIが7カ月ぶり高水準、受注が堅調-雇用の伸びは鈍化

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう