おすすめ記事

米CPIは堅調な伸び継続か、FRBの気概試す-今週の経済指標

記事を要約すると以下のとおり。

米国のインフレは3月も高い水準で推移したもようで、エコノミストらは米消費者物価指数(CPI)の前月比上昇率について過去6カ月に見られた伸びとほぼ同等を予想している。
総合CPIは40年ぶり高水準の前年同月比9.1%上昇となって以降、エネルギー価格の下落と足並みをそろえる形で減速してきた。
しかし、石油輸出国機構(OPEC)と非加盟の主要産油国で構成する「OPECプラス」が4月2日に発表した予想外の減産により、CPIは再び加速し始める可能性がある。
「カリフォルニア州での天然ガス価格急落は助けになった。」
これがガソリン高の持続につながれば、今後数カ月にいかなるディスインフレも相殺される可能性があると論じた。
 この他、3月の小売売上高は過去5カ月で4度目の減少が予想されている。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 米CPIは堅調な伸び継続か、FRBの気概試す-今週の経済指標

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう