おすすめ記事

米GDP、FRBが望む形で減速-なお残る景気後退のリスク

記事を要約すると以下のとおり。

2022年10ー12月(第4四半期)の米経済成長率は市場予想を上回る伸びとなり、成長を阻害することなくインフレを抑制したい米金融当局が望むような緩やかな減速となった。
これとは別に発表された労働市場に関する統計も、景気後退の危機というよりは、むしろ景気の底堅さを示した。
「これは「ゴルディロックス」シナリオだ。
米経済の最大部分を占める個人消費は、2.1%増。
 米金融当局の主な物価指標である個人消費支出(PCE)価格指数は、年率3.2%上昇から減速し、20年以来の低い伸びとなった。
21年1ー3月期以来の低い伸び。
 スティーフル・ニコラウスのチーフエコノミスト、リンジー・ピエグザ氏は「第4四半期はサービス分野の個人消費が力強い成長を導いたが、良いニュースはそこまでだ。」
純輸出と在庫、政府支出など振れが大きい要因を除いた基調的な経済活動を示す2つの指標は、かなりの景気減速を示唆していると指摘した。
借入コストの上昇が生活に影響を及ぼし始めるまでには通常数カ月かかる。
住宅ブームが反転に向かう中で住宅投資も低迷が続いた。
 それでもGDP統計で示された個人消費の減速が雪だるま式に悪化すれば、米金融当局は年末までに方向転換を余儀なくされる可能性があると、アーンスト・アンド・ヤングのチーフエコノミスト、グレゴリー・ダコ氏はみている。
統計の詳細  2022年通年のGDPは2.6%増と1984年以来の低い伸びにとどまった。
財への支出は1.1%増へ急減速した。
 住宅投資は年率26.7%減と、7四半期連続でマイナスを記録した。
 10-12月期のGDP改定値は2月下旬に発表される。
原題:USEconomyCoolsLiketheFedWants,StillRisksaStallin2023(抜粋)(統計の詳細とコメントを加えます。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 米GDP、FRBが望む形で減速-なお残る景気後退のリスク

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう