おすすめ記事

米GDP、10-12月は3.4%増に上方修正-個人消費の堅調が寄与

記事を要約すると以下のとおり。

米経済活動を示す主要な2指標である米実質国内総生産(GDP)と国内総所得(GDI)が2023年10-12月(第4四半期)はいずれも力強い伸びを示し、経済がなお健全なペースで拡大していることを示唆した。
GDIはGDPを所得面から捉えた指標。
 全米経済研究所(NBER)で景気循環の日付認定に当たる委員会はGDPとGDIの平均値を注視している。
2020年以来の低い伸びとなった。
 調整後ベースの税引き後利益の比率は15.1%増と、22年半ば以来の大幅な伸び。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 米GDP、10-12月は3.4%増に上方修正-個人消費の堅調が寄与

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう