おすすめ記事

米GDP10-12月改定値は下方修正、消費鈍る-物価は上向き改定

記事を要約すると以下のとおり。

2022年10-12月(第4四半期)の米実質国内総生産(GDP)改定値は、速報値から下方修正された。
貿易と政府支出、在庫を除く実質民間国内最終需要はわずか0.1%増。
自動車など耐久財の消費が3四半期連続で減少した。
速報段階では3.2%上昇だった。
 個人消費が下方修正された。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 米GDP10-12月改定値は下方修正、消費鈍る-物価は上向き改定

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

LINEじゃ言えない話はメルマガで配信してます。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう