おすすめ記事

米PCE統計「強弱混在」、慎重なFOMCを変えず-市場関係者の見方

記事を要約すると以下のとおり。

米連邦準備制度理事会(FRB)が基調的なインフレを判断する上で重視するPCEコア価格指数は、2月に上昇ペースを落とした。
 その他の市場関係者によるコメントは以下の通り。
成長が勢いを維持する場合、インフレが上振れする現実的なリスクがある。
◎ステート・ストリート・グローバル・マーケッツのシニア・マクロ・ストラテジスト、マービン・ロー氏:インフレの数字は予想通りのようだ。
2%目標を難なく達成できそうだとFOMCに安心させるには、統計全体としての数字はまだ高い。
FOMCは今でも年内利下げを予想しているが、ウォラー氏の言葉を借りれば「まだ急ぐことはない」という状況だ。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 米PCE統計「強弱混在」、慎重なFOMCを変えず-市場関係者の見方

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう