おすすめ記事

英中銀ピーク金利巡り意見割れる-1998年以来の高水準織り込む市場

記事を要約すると以下のとおり。

イングランド銀行(英中央銀行)のターミナルレートに関する市場予想が1998年以来の高水準となった日、ベイリー総裁は子供たちにインフレについて説明していた。
市場を動揺させるような政治的ドラマや経済的に大きなサプライズもなかった。
この問いに、ロンドンの取引所ではさまざまな答えが飛び交っている。
   債券利回りは世界的に上昇しているが、インフレ率は8.7%と4カ月連続で予想を上回り、依然として目標の2%を大きく上回っている。
指標となる10年物債利回りは一時4.7%に達した。
最後にこの水準に達したのは、スパイス・ガールズとオアシスが英国の音楽チャートを席巻したころだ。
意見割れる  投資家の間では、英国債のバリュエーションが非常に興味深いものになったと考え、数週間前に強気に転じたという。
 バンガードのコートニー氏は、英国債の値動きの荒さは一つには流動性の枯渇が原因と指摘。
「みずほインターナショナルの金利ストラテジスト、エブリン・ゴメスリヒティ氏は、不確実性とボラティリティーを背景に投資家は英国債は落ちるナイフで、誰もつかみたがらない」。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 英中銀ピーク金利巡り意見割れる-1998年以来の高水準織り込む市場

Twitterでの意見

本日のニュース
英中銀ピーク金利巡り意見割れる-1998年以来の高水準織り込む市場 - ブルームバーグ
𝙣𝙖𝙣𝙖𝙬𝙖𝙧𝙖𝙞
JPモルガンさんも7%予想出してたけど… /英中銀ピーク金利巡り意見割れる-1998年以来の高水準織り込む市場

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう