おすすめ記事

過去最大級のベアマーケット・ラリー、空売り投資家の痛みやまず

記事を要約すると以下のとおり。

米国株の強気派には大惨事となった1年にわたる株安は、幾つかの点では弱気派にも厳しいものとなった。
 ヘッジファンドが12月に弱気ポジションを増やし、小口トレーダーが株式を大量に処分した直後のこうした反発は、過去1年にわたる痛みの処方薬だ。
中央値では1.15%上昇と、同指数の値上がり日の上昇率としては1938年以来最大だった。
UpsideVolatilityin2022WasRareButExtremeS&P500sawfewerupdaysbutwhenitwentup,itwasupalotSource:Bloomberg  昨年の営業日でS&P500種が上昇した割合は43%と、1941年以降では1年を下回った。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 過去最大級のベアマーケット・ラリー、空売り投資家の痛みやまず

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

LINEじゃ言えない話はメルマガで配信してます。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう