おすすめ記事

金融・為替市場を注視と鈴木財務相-日銀の政策変更で閣僚発言相次ぐ

記事を要約すると以下のとおり。

日本銀行の植田和男総裁は19日夕、岸田文雄首相と官邸で会談した。
首相からは分かったと理解を得たことを明らかにした。
 植田総裁と岸田首相の会談は昨年12月以来。
 この日の決定を受け、関係閣僚からも発言が相次いだ。
 デフレ脱却宣言のタイミングについては「今回の政策変更があったことで脱却ということにはならない。」
政府と日銀は13年1月に共同声明を発出して以降、デフレからの早期脱却と2%の物価安定目標の実現に向けて連携を強化して取り組んできた。
今回の政策変更に関しては13年に政府と日銀が合意した共同声明の延長線上にあるとの認識を示した。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 金融・為替市場を注視と鈴木財務相-日銀の政策変更で閣僚発言相次ぐ

Twitterでフォローしよう