おすすめ記事

金融緩和維持が適当、価格・賃金設定に変化の兆し-中川日銀委員

記事を要約すると以下のとおり。

日本銀行の中川順子審議委員は7日、当面の金融政策に関し、2%の物価安定目標が未達の下では「金融緩和を維持することが適当である」との見解を示した。
日銀の中川順子審議委員Photographer:ToruHanai/Bloomberg  今年3月の金融政策決定会合で、イールドカーブコントロール(長短金利操作、YCC)政策の運用柔軟化を決めた。
長期金利は0.65%程度で推移している。
「市場機能に配慮しながら、緩和的な金融政策を粘り強く行うことは両立する」との見解も示した。
 中川氏は野村アセットマネジメントの最高経営責任者(CEO)兼社長を務めた後、2021年6月に審議委員に就任した。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 金融緩和維持が適当、価格・賃金設定に変化の兆し-中川日銀委員

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう