おすすめ記事

FRBの利上げ再加速、雇用統計が強ければ十分条件とエコノミスト

記事を要約すると以下のとおり。

パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長は7、8両日の議会公聴会で、インフレ抑制に向けて今月の連邦公開市場委員会(FOMC)会合で利上げペースを再加速させるかどうかの判断は、10日発表の2月の雇用統計だけでなくそれ以外の経済指標にも左右されると述べた。
 ブルームバーグ・ニュースが実施したエコノミスト調査によれば、2月の非農業部門雇用者数は前月比22万5000人の増加が見込まれている。
USPayrollsGrowthSeenModeratingAfterJanuarySurgeSource:BureauofLaborStatistics,Bloombergsurveyofeconomists  バンク・オブ・アメリカ(BofA)の米経済担当責任者、マイケル・ゲーペン氏は「数字が強ければ強いほど、ペース再加速のリスクは高まる」と指摘。
予想より強い最近のデータは経済の底堅さと「起伏の激しい」インフレを示していると語った。
 シティグループのエコノミストは8日、従来の見解を見直し、今月のFOMC会合での利上げ幅予想を0.25ポイントの利上げの可能性が高まるようになるには、2月の求人件数は減少したものの、金融当局にとって依然として高過ぎる水準にあると考えられる。
 ブルームバーグ・エコノミクス(BE)の米国担当チーフエコノミスト、アナ・ウォン氏は「非農業部門雇用者数の伸びが20万人を割り込み、CPIコア指数の上昇率が前月比0.4%を下回れば、BEとして3月の利上げ幅0.25ポイントの基本シナリオを維持する。」
Fed'sRate-HikePaceFedacceleratedincreasesatstartoftightening,thensteppeddownSource:FederalReserve  非農業部門雇用者数と失業率、平均時給の三つのうち、一つの数字だけに頼ることができないかもしれない。
 利上げペースの決定に影響があるのは雇用統計を巡る金融当局の評価だけでない。
そうしなければ、金融状況が現在よりも有意に緩和する可能性があるためだと分析。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース FRBの利上げ再加速、雇用統計が強ければ十分条件とエコノミスト

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう