おすすめ記事

GPIF理事長「国内債券運用にも影響」、日銀のYCC修正で

記事を要約すると以下のとおり。

年金積立金管理運用独立行政法人( GPIF)の宮園雅敬理事長は20日の記者会見で、日本銀行が昨年12月の金融政策決定会合でイールドカーブコントロール(長短金利操作、YCC)を修正したことを受け、「国内債券運用にも影響が出ている」と述べた。
現行の基本ポートフォリオを見直す必要性はないとの見解を示した。
 GPIFは2020年4月から、国内株式、外国株式の4資産にそれぞれ25%ずつ資金を振り向ける基本ポートフォリオの下で運用している。
 ただ、その後は日銀のマイナス金利政策やYCC導入で低金利環境が続いていた。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース GPIF理事長「国内債券運用にも影響」、日銀のYCC修正で

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

LINEじゃ言えない話はメルマガで配信してます。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう