おすすめ記事

NY連銀製造業景況指数、再び縮小圏-新規受注や出荷が低下

記事を要約すると以下のとおり。

金利上昇や長引くインフレ、世界的な需要低迷を背景に、製造業セクターはストレスを受けている。
受注残の指数は2020年9月以来の水準に低下した。
仕入れ価格の現況指数は25.5で前月からほぼ変わらず。
雇用者数の見通しを示す指数も改善した。
 統計の詳細は表をご覧ください。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース NY連銀製造業景況指数、再び縮小圏-新規受注や出荷が低下

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう