おすすめ記事

「パーティー終わり急下降」か、カリフォルニアが発する米景気後退警報

記事を要約すると以下のとおり。

アマゾン・ドット・コムや ウォルマートなどが物流の拠点とする倉庫の集積地、米カリフォルニア州南部に広がるインランドエンパイア地域でリセッション(景気後退)の兆候が表れている。
カリフォルニア南部に広がる倉庫の集積地出所:リバーサイド郡  テクノロジー企業による大量解雇や事業拡大計画の縮小、銀行危機で既に揺らいでいるカリフォルニア州は緩やかな景気後退の可能性に直面する米国の他の地域にとって、先行き何が待ち受けているのかをうかがい知ることができる。
「今日、明日と倉庫が増えれば増えるほど、下降は急勾配になる」と語った。
ウォルマートの監督当局への届け出によれば、同社は5カ所の電子商取引用倉庫で2000人超削減の見込み住宅街に隣接する倉庫(カリフォルニア州リアルト)Photographer:KyleGrillot/Bloomberg  インランドエンパイアは、2008年にカリフォルニア州で起きた住宅危機の震源地で、年間に合計約5000億ドル(約65兆8500億円)の財が取り扱われるロサンゼルスとロングビーチという二大拠点の東に位置する戦略的な場所だ。
こうした職種の雇用が減少出所:米労働統計局、セントルイス連銀  ただ、最近のデータによれば、同地域のサンバーナーディーノ郡とリバーサイド郡の失業率は1月に4.4%と、ほぼ1年ぶりの高水準に達した。
平均時給は約20ドルで、全職種の全米平均を約8ドル下回る。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 「パーティー終わり急下降」か、カリフォルニアが発する米景気後退警報

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう