おすすめ記事

7400億円と最大規模のプライベートクレジット案件か-カーライル支援

記事を要約すると以下のとおり。

米カーライル・グループのヘルスケアテクノロジー企業 コティビティ買収計画を支えるため、アポロ・グローバル・マネジメントやHPSインベストメント・パートナーズなどが計55億ドル(約7400億円)の融資を支援すると申し出ている。
非公開の取引だとして関係者  こうした動きはウォール街の大手投資銀行にとっては新たな痛手だ。
レバレッジドバイアウト(LBO)ファイナンスは、ブラックストーン率いるプライベートクレジット企業グループがゼンデスク非公開化に向け昨年手配した資金調達を支援するもので、リスクは高いものの、うまみの大きいビジネスだが、大手各行のこの分野への関与はこのところ低下しつつある。
ただ、調達額は未確定で、計画はなお変更の可能性があるとも関係者は説明している。
   カーライルとアポロ、ブラックストーン、HPSの担当者はコメントを控えた。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 7400億円と最大規模のプライベートクレジット案件か-カーライル支援

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう