おすすめ記事

「ゼロコロナ」脱した中国経済、順調な持ち直しは期待薄

記事を要約すると以下のとおり。

中国国家統計局が17日発表した最新の経済指標は、国内景気の最悪期が過ぎた可能性を示唆した。
2022WasBadYearForChina'sEconomyActivityhitbyfirstCovidZeroandthen'CovidEverywhere'lastmonthSource:China'sNationalBureauofStatistics  2022年のGDPは前年比3%増加。
今年の中国経済を5%成長と予想するが、「23年は米欧でリセッション(景気後退)の可能性があり、中国は外需を含めた強い逆風になお見舞われるという事実を無視するわけではないと話す。」
不動産市場も依然低迷を余儀なくされている。
今後は労働市場や住宅需要、年金制度への影響が見込まれる。
経済成長は生産性の伸びに一段と頼らなければならないだろうと述べた。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 「ゼロコロナ」脱した中国経済、順調な持ち直しは期待薄

Twitterでの意見

Tweets
ウクライナを巡るロシアへの対応に協力を求める見通しも示した。 中国側も「ゼロコロナ」政策で悪化した経済立て直しに向け、米国との関係改善への期待感が強い ... リンク: タ グ:中国メディア
Mr.SJK 🇯🇵
中国は世界の覇権狙っているからなぁ 世界語を中国語にしたいしスプラトリー諸島を制圧したし とにかく海が欲しいから尖閣諸島も攻めてくる イタリアやギリシャとか経済が終わった国に支援して仲間にしてアフリカはケニアをはじめ手の内に入れてるし脅威ではあるがゼロコロナ政策で失速したな…。
beru@理屈倒れのしゅたーでん
ゼロコロナ政策解除により中国が買われているが、競売が増加するなど中国経済の落ち込みは2018年ごろから既に起きており、そこに習近平の自由経済路線の終了、人口減少、米規制問題等が加わっている 自由経済になると信じていた欧米が失望した中国の経済はドンドン衰退すると思う
スピック
外需依存の中国経済がゼロコロナを解除しただけで回復すると見ているのが謎すぎる。不動産バブルを再燃しないといけないわけだから引き締めはまずやらない。そもそもIMFが不動産バブルを期待していいのか?小さいうちに割らないと後の被害が大きくなるだけ。
sayaka
の国々が日常生活を取り戻している。しかし、『情報鎖国状態でワクチン接種率と感染率が世界一となった日本だけが一人負け』して国民や経済界から厳しい批判の声が高まっている。ゼロコロナ政策で感染爆発させた中国への水際対策を強化した岸田首相も、「今を逃せば永久に5類格下げは不能となり、支持
sakura☆.。.:*🍒
ゼロコロナ政策を撤廃した中国のペントアップ効果が大きく、世界経済や米経済の後退リスクが低下している コラム:今年の米中経済は想定を上振れか、日銀新体制に追い風
京浜急行の浦島太郎
中国はゼロコロナ政策により国内経済が大打撃を受け日本からの投資呼び込みで経済再建を急ぐ。 2023年2月1日 中国外務省の毛寧副報道局長は「日本はに歴史から教訓をくみ国家間の相互信頼や地域の平和と安定を損なってはならない」と反発した 🐶日本は貧乏ですがなにか?
NEWS JAPAN【公式】
日本企業へ影響は 中国経済減速も持ち直し (テレビ東京) ゼロコロナ政策で減速した中国経済ですが、ここにきて持ち直しの動きが出てきています。日本企業へはどのような影響が出ているのでしょうか。 速報 #ニュース ニュース速報
不忘初心(4)🇨🇳🇨🇳🇨🇳
昨年12月にコロナ政策を転換した中国に対して、米国等から「政策の転換はコロナ対策の完全な失敗だ」等の雑音が聞こえてきた。少し前までは、中国の「動的ゼロコロナ」は世界経済の足を引っ張っていると傲慢に主張していたのに、今はすぐに顔を変えて違うこと…
garage-kid the raoG (Got 4th shot).
IMF、23年世界成長2.9%に上方修正 景気後退想定せず:日本経済新聞 economics :“世界経済見通しで、2023年の実質成長率の予測を2.9%と22年10月の前回見通しから0.2ポイント引き上げた。ゼロコロナ政策を解除した中国を中心に幅広い国・地域の成長率を上方修正した。…
こーる
あるのかと思いツイート。このように考えると中国政府がゼロコロナから1週間で国民の過半数が感染するような無理筋を押し通して脱コロナ経済再開した大義名分が感じ取れて自然と腑に落ちる気がします。まだわからないですがFRBの利上げによる中国経済への攻撃は中国にとっては懸念事項ではないようだ。
Stigmabase | ECOASIA
{ZH-Figting Stigma} 中国経済は本当に蘇るのか(ニュースソクラ): 【経済着眼】カギ握る不動産危機、人口減も足かせ ... 途端に感染者数は急増したが、経済的な視点から中国政府、投資家、市場関係者はゼロコロナ政策を撤廃 ...
John Ishii
国際通貨基金(IMF)は1月30日公表した最新の世界経済見通しで、当初警戒していた「2023年中の景気後退入り」を覆した。中国がゼロコロナ政策を転換して経済活動を復活させたことで、失速する米欧経済が牽引されるシナリオを描く。一方で「下ぶれリスク」は依然根強い
Atlasマンツーマン英会話 札幌駅前LS@ピーター・ヨネナガの情報リテラシーワークショップ(無料)
Satire Or Serious: "Why Didn&039;t The Unvaccinated Do More To Warn Us?" アメリカ覇権が衰退した場合、どの国も中国と対立しなくなって中国との経済関係を回復していく。中国がゼロコロナ政策をやめて経済活動を再開したことで、日本もマスク着用の奨励を解除する。
usanjin
A-1昨年10-12月のGDPは2.9%増。「ゼロコロナ」脱した中国経済、順調な持ち直しは期待薄、多くのエコノミストは、仕事の消失や企業の閉鎖といったパンデミックによる傷跡が癒えるには時間がかかるのではないかと懸念している。 https:…

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

LINEじゃ言えない話はメルマガで配信してます。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう