おすすめ記事

【米国市況】株は小反落、雇用統計控え神経質な展開-148円台半ば

記事を要約すると以下のとおり。

5日の米株式相場は小幅反落。
同統計発表後に10年債利回りが5%付近に上昇すれば「S&P500種は簡単に200日移動平均を割り込み、そこから株安が加速する可能性がある」と述べた。
「過去には、米金融当局が市場に合わせてきたように見えるが、今回は市場が金融当局に適応しなければならなかった」と述べた。
スワップ市場では現在、11月の利上げ確率を4分の1と織り込んでいる。
 ブルームバーグのエコノミスト調査では、9月の非農業部門雇用者数は17万人増と、前月から若干の伸び減速が予想されている。
一方で30年債利回り5.02%-2.10.66%  米東部時間16時55分  リッチモンド連銀のバーキン総裁は、米国債利回りの急上昇は堅調な経済指標と大量の国債供給を反映したものだとし、利回りは過去に見られた一段と正常な水準に戻りつつあるとの認識を示した。
米国債利回り急上昇、強い指標と供給拡大を反映-バーキン総裁為替  ドルは前日に続いて軟調。
世界の成長はかなり弱く、それもドル高を持続させる傾向にあると指摘。
それを上抜けることはあるだろうかとブルームバーグTVのインタビューで述べた。
世界経済に与える影響が懸念される中、急速な下落局面にある。
 ウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)原油は1バレル=82ドル台で終え、7月以来初めて50日移動平均線を割り込んだ。
「100ドルを目指して新たにロングポジションを積んだ多くの参加者は、信念のないモメンタム重視のトレーダーで、容易におじけづく」と述べた。
金  ニューヨーク金相場を下支え、小幅な下げにとどまった。
米金融当局が金利高止まりを示唆していることから、金は1750ドル前後だったと指摘。
    スポット価格はニューヨーク時間午後1時45分現在、前日比0.2%)下げ、1831.80ドルで引けた。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 【米国市況】株は小反落、雇用統計控え神経質な展開-148円台半ば

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう