おすすめ記事

ウォラーFRB理事、利下げ遅らせるか回数減が適切-最近の統計受け

記事を要約すると以下のとおり。

ウォラー米連邦準備制度理事会(FRB)理事は27日、最近の経済データでは年内に予想される利下げを遅らせるか、利下げの回数を減らすことが裏付けられると強調し、金利引き下げを急ぐことはないとの認識を示した。
 「経済生産や労働市場には持続的な力強さが見られる一方、インフレ抑制の進展は減速しているとし、「こうしたサインを踏まえると、金融緩和開始の措置を急いで講じることは考えられないと説明した。」
 ウォラー理事は講演のタイトルも含め、「急がない(norush)」という表現を4回使った。
 米金融当局者は最新の四半期経済予測で、2024年の利下げ回数を中央値で3回とする見通しを示した。
 さらに、「幸運なことに、米金融当局が追加利上げを行う可能性はほとんどないとの認識も示した。」
 なお29日には、米金融当局がインフレ指標として重視する個人消費支出(PCE)価格指数が発表される。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース ウォラーFRB理事、利下げ遅らせるか回数減が適切-最近の統計受け

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう