おすすめ記事

ウォール街で盛り上がるAIの宴、マイクロソフトとグーグル姿見せず

記事を要約すると以下のとおり。

ウォール街で今最も盛り上がっているテーマが人工知能(AI)だ。
アルファベット株とアルファベット株を買うと、その展開と売上高の伸びにつながっていく上での遅さに失望するかもしれないと、インベストメント・パートナーズ・アセット・マネジメントのグレッグ・アベラ最高経営責任者(CEO)は5%を下回り、ナスダック100指数の半分未満。
「業績は堅調だが金利環境が以前より好ましくなくなる中、両社は成長という点ではかつてほどエキサイティングではない」と述べた。
その見通しさえ保守的かもしれないとしている。
 デファイアンスETFのシルビア・ヤブロンスキーCEOは「目先の環境こそ良くないが、両社および今後数年で両社から出てくるであろう刺激的なサービスについて私は強気だ」とし、「両社は素晴らしい会社だ。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース ウォール街で盛り上がるAIの宴、マイクロソフトとグーグル姿見せず

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう