おすすめ記事

エラリアン氏、24年の「大きな懸念」は信用リスク-米利上げ終了で

記事を要約すると以下のとおり。

英ケンブリッジ大学クイーンズカレッジ学長のモハメド・エラリアン氏は、来年は金利リスクに代わり信用リスクが市場の「大きな懸念」になると指摘した。
モハメド・エラリアン氏がブルームバーグTVのインタビューで語るSource:Bloomberg  「米金融当局が今後の金利動向に与える影響はかなり小さくなるが、残念ながら、だからといってボラティリティーがなくなるわけではないとし、「発行と軟調な景気の間で綱引きが展開されることになろうと述べた。」
 エラリアン氏は「われわれは皆、米国債市場の安定を望んでいる。」
 「米国債を除けば、市場のボラティリティーを理由に発行はかなり少ないと指摘。」

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース エラリアン氏、24年の「大きな懸念」は信用リスク-米利上げ終了で

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう