おすすめ記事

サブウェイ買収のロアーク、最大級の「事業証券化」活用か-関係者

記事を要約すると以下のとおり。

米サンドイッチチェーンの サブウェイ買収で合意した米プライベートエクイティー(PE、未公開株)投資会社 ロアーク・キャピタル・グループは、あまり知られていない証券化取引で長期的に確保する約50億ドル(約7300億円)を買収資金の一部に充てる予定だ。
WBSは、有形資産に乏しいものの、強力な収益源を持つ企業が資金を得るため、ロイヤリティーやフランチャイズ料、知的財産などキャッシュを生み出す全ての資産を原則として抵当に入れる仕組み。
 サブウェイのWBSで最大だったのは2015年にダンキン・ブランズが発行した約26億ドル。
 サブウェイの担当者はコメントを控えるか、すぐに返答しなかった。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース サブウェイ買収のロアーク、最大級の「事業証券化」活用か-関係者

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう