おすすめ記事

サマーズ氏、米国の孤立化に警鐘-中ロや中東で「不吉な」兆候

記事を要約すると以下のとおり。

サマーズ元米財務長官は、米国が国際的な影響力を失いつつある「不吉な」兆候に警鐘を鳴らした。
ワシントンで開催された国際通貨基金(IMF)・世界銀行の春季会合では、米国など先進国陣営が中国を含む戦略的競合相手から距離を置く形でのサプライチェーン再構築を目指す中、世界経済の分断に対する警告が主なテーマだった。
「中国からは空港が得られる。」
世界12位の経済規模を持つブラジルと中国の緊密な関係を浮き彫りにするものだ。
 また中東では最近、犬猿の仲だったサウジとイランの和解を中国が仲介。
「しかし、正しい側はやや寂しく見える。」

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース サマーズ氏、米国の孤立化に警鐘-中ロや中東で「不吉な」兆候

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう