おすすめ記事

バークシャー、TSMC投資から手を引く-USバンコープやBNYも

記事を要約すると以下のとおり。

著名投資家ウォーレン・バフェット氏が最高経営責任者(CEO)を務める米投資・保険会社 バークシャー・ハサウェイは、台湾積体電路製造( TSMC)の米国預託証券(ADR)を処分し、投資から手を引いた。
その一方で、キャピタル・ワン・ファイナンシャル株を新たに取得した。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース バークシャー、TSMC投資から手を引く-USバンコープやBNYも

Twitterでの意見

りょんりょん🌍投資×海外旅行×アウトドア🌍『今』を全力で楽しむ
神 投資の神様ウォーレン・バフェット、約7000億円相当のバークシャー株を慈善団体へ寄付|BUSINESS INSIDER から
金子義典@ビズハブCEO|業界初のM&Aサービス|社会を良くする!
日経平均上昇の大きな要因→割安感で外国の投資家がめちゃ購入してる(わかる) 円安だから外人の購入意欲めちゃ旺盛→そうなの?? 株価にインパクトある程外貨→円に替えたら円高になるのでは? バークシャーみたいに円で調達して投資するなら、為替関係ないし。。ドル建で買っているということ??
4.4
投資する際バークシャーみたいに財務体質以外、サービスや経営者との面談とか徹底的にやらへんからこう言うことなる
イワシ@不動産×インデックス投資
S&P500は実質オルカンといってもいい気がします。S&P500の構成銘柄の一つであるバークシャーは、伊藤忠商事などの日本企業にも投資をしているからです。つまり、S&P500に投資することで間接的にアメリカ以外の国にも投資していることになります。国外の企業同士でもつながりは非常に根深いです。
鷲尾 龍一
総合商社は事業が複雑だとして外国人投資家に避けられがちな銘柄だったが、バフェット氏率いるバークシャーの「成功」を受けて、「もうける機会を逃した米国などの投資家からの問い合わせが増えている」
中島 大一郎🌾|人つなぎ業
バフェット相場は 日本の新NISAで預金から投資に向かう資金は56兆円と言われてますが、 バフェットさんのバークシャーの資金は100兆円以上。そのバフェットさんが 日本株が良いと言っているのですから、日本株が今の半端な上げで終わるわけは ありません。
アップル投資家のアライさん
ウォーレン・バフェットが円建て債券で日本株購入資金を調達するのは、単純に日銀が緩和的な政策を行ない円がジャブジャブで円金利が安く、バークシャーのクレジットコストも低く、近年のコミットメント風投資が日本人間で好意的な受け止め方をされているから…
うつねこ
➜米著名投資家ウオーレン・バフェット氏率いる投資会社バークシャー・ハザウェイが、中国EV大手BYDの香港上場株式253万株を6億7580万香港ドル(8630万ドル)で売却 ➜バークシャーの保有比率はBYDの発行済みH株総数の9.21%から8.98%に低下

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう