おすすめ記事

ヘッジファンド、欧州株に賭ける-次の世界株高けん引役と期待

記事を要約すると以下のとおり。

ドットコムバブルを想起させるような割高感のある米国株に対し、投資家らは欧州が次の世界株高をけん引することに賭けている。
「米大手テクノロジー銘柄は完全に織り込み済みように見受けられ、最近の値上がり後、競争や規制による逆風に見舞われる恐れもある」と語る。
米国市場では人工知能(AI)熱が高まっており、S&P500種株価指数は比較的割高なテクノロジー銘柄への依存を強めている。
ブルームバーグがまとめたデータによると、12カ月先の株価収益率(PER)は約14倍と、長期平均をわずかに上回る程度だ。
また、利下げが始まればこれも支援材料になる。
    S&Pグローバルによれば、ショートポジションの大幅な減少は欧州株に対するセンチメントが改善していることを示している。
 米国は今年も好調な利益成長が見込まれている。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース ヘッジファンド、欧州株に賭ける-次の世界株高けん引役と期待

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう