おすすめ記事

マネタリーベース拡大方針に「撤廃」観測、日銀が国債買い入れを減額

記事を要約すると以下のとおり。

債券市場では、 日本銀行によるマネタリーベースの拡大方針の撤廃を予測する声が広がり始めた。
 三菱UFJモルガン・スタンレー証券の鶴田啓介シニア債券ストラテジストは「市場ではオーバーシュート型コミットメントとの整合性を問う声や同コミットメントの削除観測が強まりそうだ」とみている。
 日銀は16年1月のマイナス金利政策の導入後、金利が下がり過ぎたことを受け、同9月にイールドカーブコントロール(長短金利操作、YCC)を導入した。
    日銀はこのところ中長期ゾーンの下限引き下げは事前に想定されていたが、超長期は1回当たり通知額が増額される可能性も高いが、増額がない場合は「日銀が近い将来のマネタリーベース拡大方針撤廃を想定しているとの思惑を高める可能性もあるだろう」と指摘した。
 マネタリーベースの大半を占める日銀券と日銀当座預金は日銀のバランスシートで負債側に計上されているのが国債だ。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース マネタリーベース拡大方針に「撤廃」観測、日銀が国債買い入れを減額

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう