おすすめ記事

ユーロがキャリー取引の調達通貨にも-ゴールドマンとJPモルガン

記事を要約すると以下のとおり。

欧州中央銀行(ECB)の利下げが近づいていることからユーロはキャリートレードの資金調達通貨として有力な候補になり、さらなる下押し圧力にさらされている。
ユーロ圏の政策金利はマイナスだったため円を借りるコストは低く、円は過去数十年で最低の水準まで下落した。
しかし、トレーダーらは日本銀行の利上げが近いと確信するようになり、代替通貨を探している。
    ラガルド氏は25日、利下げに対するスタンスは変わらないと主張したにもかかわらず、経済成長の停滞、賃金上昇圧力の冷え込み、ディスインフレの継続を認めたことで、トレーダーは4月の0.25ポイント利下げをほぼ完全に織り込んだ。
 オールスプリングは今月、世界の債券ポートフォリオ全体でドルに対してユーロをアンダーウエートとするポジションを組むための調達通貨としてビルジョン氏が好む通貨の一つになっている。
     ゴールドマンはインド・ルピーに対してユーロが下落するとみており、約3%下げて1ユーロ=88ルピーになると予測している。
ユーロは年初来で1.6%下落している。
 ブルームバーグがまとめたデータによると、ユーロを借りた場合のリターンは11%だった。
 本格的な乖離  クレディ・アグリコルCIBのG10通貨調査責任者、バレンティン・マリノフ氏によると、顧客はメキシコ・ペソ、レアル、ルピーに対するユーロのショートについて話しているという。
両氏は共にスイス・フランを挙げ、セイジャー氏は、ユーロが円に対して下落することに賭けている。
ユーロで借り入れ、トルコ・リラ、南アフリカ・ランド、チリ・ペソを買っている。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース ユーロがキャリー取引の調達通貨にも-ゴールドマンとJPモルガン

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう