おすすめ記事

リターン好調の大災害債券、「野心的」発行増へ-保険カバー不足で

記事を要約すると以下のとおり。

自然災害の発生リスクなどを引き受けるCAT債(大災害債券)の市場は、今年最もパフォーマンスの良い債券区分の一つだ。
 「野心的だが、現実的だ」。
今年、米国債の投資家が損失を被っている間に約17%上昇した。
    途上国に資金援助を行う世界銀行は、CAT債がカバーする自然災害の範囲を拡大する計画だ。
 こうした状況について、「われわれの大陸を襲う自然災害はかつてないほど頻度が増え被害も増大しているため、重大なことだと同氏は最近、欧州議会の経済金融委員会で話した。」
2021年にドイツ西部を襲った洪水Source:Bloomberg)  CAT債の投資家は、契約で定義された災害が発生し、ハリケーンでの気圧の値など特定の条件が満たされると被保険者に支払いを回避してきた。
だが世界銀行が過去10年間に発行した約30件のCAT債のうち約6件については、発行体が備えようとした損害の一部ないし全部について、投資家はカバーを求められた。
 気候変動リスクに関連して魅力的な金融商品を開発することは、地球温暖化の影響を受けやすい国々を守るのに要する膨大な民間資金の一部を引き出す鍵となる。
 CAT債市場が「活況」、記録的リターンで世界的な債券売りに逆行保険業界、自然災害による損失が拡大-気候変動で「ニューノーマル」に【ESGウイークリー】を購読するには該当記事の冒頭にあるボタンをクリックしてください。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース リターン好調の大災害債券、「野心的」発行増へ-保険カバー不足で

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう