おすすめ記事

世界の債券、パウエルFRB議長の転換以降の上昇分が全て帳消し

記事を要約すると以下のとおり。

昨年12月に米連邦準備制度がついに利下げにかじを切ったとの期待から始まった世界的な債券上昇の最後の一かけらを、米国のインフレ指標が消し去った。
日本の10年債利回りは一時4bp上昇した。
債券の下落は加速した。
物価圧力が上昇に転じる現実的なリスクがある。
      市場は現在、今年の米利下げ3回しか完全には織り込んでおらず、4回目の利下げの確率は半分とみられている。
 14日のオーストラリア10年債利回りは一時12bp上昇し4.29%と、昨年12月のFOMC発表前の水準に並んだ。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 世界の債券、パウエルFRB議長の転換以降の上昇分が全て帳消し

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう