おすすめ記事

世界の国債利回りが15年ぶり高水準-世界的売りの中心は米国債

記事を要約すると以下のとおり。

主要中央銀行が近く利上げを停止または反転させるとの楽観論を堅調な経済指標が打ち消し、世界の国債利回りは上昇を続け、2008年以来の高水準に達した。
オーストラリアの10年債利回りは10bp上昇し11年以降で初めて5%を超えた。
「現在の急落は長めの国債が主導しており、供給と流動性への懸念が浮き彫りになっている」と付け加えた。
 米10年債利回りは今月に入って30bp余り上昇、この幅は月間として2月以来の大きさだ。
商品先物取引委員会(CFTC)のデータによると、資産運用会社は8月8日までの1週間のロングポジションは10年以来の高水準だった19年のピークに並んだ。
 同氏は16日付リポートで「債券の弱気材料の多くは循環的なもので、米国に限ったものだ」と指摘。
原題:GlobalYieldsMarchto15-YearHighsEvenasInvestorsPileIn(抜粋) 。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 世界の国債利回りが15年ぶり高水準-世界的売りの中心は米国債

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう