おすすめ記事

世界最後のマイナス金利の終了近いとの観測、日銀YCC修正で

記事を要約すると以下のとおり。

日本銀行が長期金利をより柔軟に管理するとしたことで、短期金利の見通しが揺らぎ始めている。
マイナス金利撤廃の予想は来年7月から同3月に前倒しされ、オーバーナイト・インデックス・スワップは短期政策金利が24年9月末までに0.1%までの上昇余地を与えるという予想外の動きに出たが、その際、イールドカーブコントロール(長短金利操作、YCCを管理するためには、流動性を低下させ市場をゆがめるような買い入れを行わざるを得なくなる可能性を示唆している。
 マイナス金利政策が終了すれば、低迷する円相場は支えられ、余剰資金を国内に振り向けるインセンティブを高めるだろう。
短期金利が注目されるのはYCC撤廃後の自然な流れであり、それは24年に行われるかもしれないと話す。
    10年債利回りは先週、0.655%と約7カ月ぶりの高水準に達した。
 投資家は金利上昇に伴い貸出の利ざやが拡大するとの期待から銀行株も買っている。
政策修正前日の7月27日以降、TOPIXが小幅下落したのに対し銀行業指数は約4%上昇した。
    シンガポールのオーバーシーズ・チャイニーズ銀行の金利ストラテジスト、フランシス・チャン氏は「われわれは日銀が年内、そうでなければ来年早々に政策金利をマイナス0.1%からゼロに引き上げる可能性を見込んでいる。」

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 世界最後のマイナス金利の終了近いとの観測、日銀YCC修正で

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう