おすすめ記事

中国減速でも米経済は盤石か-19年のFRB論文が投げ掛けた疑問

記事を要約すると以下のとおり。

中国経済が回復の勢いを欠く状況にあって、同国が深刻な景気下降に見舞われたとしても米国への影響は限定的だろうと、安心を呼び掛ける見解が幾つか示されている。
 これに対し19年のFRBエコノミスト論文は、中国の成長の落ち込みがあれば、一連の推計は現在でも有効だと話す。
China'sSlowingGrowthTrendChinafacessub-5%forthreestraightyearsifJPMorganforecastsgrowthfor2023at4.8%and2024at4.2%  ウォン氏は今週、「中国からの影響波及の最も重要な経路は直接貿易ではなく、リスクセンチメントを通じたものだと指摘。」

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 中国減速でも米経済は盤石か-19年のFRB論文が投げ掛けた疑問

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう