おすすめ記事

今年急伸の米国株に試練の時、今週FOMC-企業利益は改善の見込み

記事を要約すると以下のとおり。

米国株は過去最高値に接近しており、「コーポレート・アメリカ」も改善が見込まれている。
エコノミストはなお米経済が年内にリセッション(景気後退)入りするかどうか議論を続けている。
 ネッド・デービス・リサーチのチーフ米国ストラテジスト、エド・クリスソールド氏は「引き締めサイクルを再加速せざるを得ないと金融当局が認識することがリスクだ」とし、「その場合、政策ミスに至る可能性があると指摘した。
FOMC後のFRB議長発言に注目  25、26両日に開かれるFOMC会合ではフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標レンジが0.25-5.5%と、2001年以来の高水準になる見込み。
 一方、22Vリサーチの創業者、デニス・デブシェール氏は住宅市場の改善の兆候を根拠に弱気派に反論。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 今年急伸の米国株に試練の時、今週FOMC-企業利益は改善の見込み

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう