おすすめ記事

債券は上昇、米金利低下や現物債への買い継続-超長期債が堅調

記事を要約すると以下のとおり。

21日の債券相場は上昇。
ただ、「高値警戒感のほか、パウエル議長の発言を見極めようとして取引終盤には様子見ムードが広がりそうだと話していた。」
三菱UFJモルガン・スタンレー証券の鶴田啓介シニア債券ストラテジストは「引き続き投資家の買いなど需給環境の良好さが意識されて堅調さを保つ」との見方を示した。
  関連記事【米国市況】株続落、最近の上昇の持続性に懐疑的-ドル141円台前半パウエルFRB議長の議会証言、金利巡りメッセージ明確化の機会に。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 債券は上昇、米金利低下や現物債への買い継続-超長期債が堅調

Twitterでの意見

国際金融アナリスト・吉田 恒
おはようございます。3日のサマリーです。 ISM製造業景気指数が予想より弱い結果だったことから米金利が低下、ドルも144円割れへ急落。ただその後米金利が上昇に転じると、ドルも144.7円程度まで買い戻される展開となりました。 この日は米独立記念日前日で株、債券市場は短縮取引でした。
dai1979
債券は上昇か、タカ派発言も景気懸念で米金利低下-2年入札無難予想
土開千昭|株式会社隠密
債券は上昇、米金利低下や現物債への買い継続-超長期債が堅調

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう