おすすめ記事

債券先物上昇、米地銀の経営不安で買い先行-あす10年入札は不透明感

記事を要約すると以下のとおり。

債券相場は上昇。
一方、日銀オペの減額については「20年金利が先月末の日銀決定会合を受けて大きく低下しており、外部環境の金利上昇圧力も和らいでいるため、減額されたとみられ、先物はやや売りで反応している」と話した。
買い入れ額は10-25年が前回比500億円減の2000億円に減額された。
「利回り水準的にこれ以上の低下は期待できず、0.4%台半ばあたりでこう着相場になることを考えると、きょうは入札に向けて調整売りが見込まれる」と言う。
1日の終値は10年物が3.57%程度だった米銀行株、金融危機時の節目に接近-相場全般への警告シグナルか FRBは利上げ休止可能か、4月の米CPIが手掛かり提供へ米雇用者数は予想上回る伸び、賃金も加速-労働市場の強さ示唆。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 債券先物上昇、米地銀の経営不安で買い先行-あす10年入札は不透明感

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう