おすすめ記事

共産党の言う「楽観」に満ちた中国、株式投資家が冷や水浴びせる

記事を要約すると以下のとおり。

中国共産党の機関紙、人民日報は2日午前、中国が「楽観」に満ちているとの論評を配信した。
 中国本土では9日から春節(旧正月)の大型連休が始まるが、この論評は旧暦での新年入りを前に経済と株式市場に対する懸念の高まりに対抗することを意図していたようだ。
 1人の微博(ウェイボ)ユーザーは「中国の平民は苦境に立たされている」と投稿し、「権力者たちは偉そうで、平民の生死などお構いなしだと嘆いた。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 共産党の言う「楽観」に満ちた中国、株式投資家が冷や水浴びせる

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう