おすすめ記事

富国生命、利回り2%超まで超長期債投資を手控え-24年度計画

記事を要約すると以下のとおり。

富国生命保険は2024年度の超長期債投資について、主な対象である残存20~30年債の平均的な利回りが2%超になるまで積極的な積み増しを控える方針だ。
24年度は450億円減らす計画だ。
国内物価を押し上げ、日銀の追加利上げが早まることへの警戒感から金利に上昇圧力がかかっている。
外債  外債はヘッジコストの上昇を受けて23年度に全て売却しており、24年度内に1回、年内か年明けを想定。
「状況次第では10月も十分あり得る」とみている。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 富国生命、利回り2%超まで超長期債投資を手控え-24年度計画

Twitterでフォローしよう