おすすめ記事

植田日銀総裁、望ましい水準よりも低いインフレ率の修復は困難

記事を要約すると以下のとおり。

日本銀行の植田和男総裁は9日、金融政策の正常化を急ぐ考えはないことを示唆した。
 日銀が来年半ばまでに大規模な金融緩和策を正常化させる方向に向けて前進しているが、まだそこに到達していないとの見解をあらためて示した。
長期金利のコントロールも大きな課題だろう。
多くのエコノミストはこの動きを、市場ボラティリティーの急上昇を避ける形で正常化への一歩を踏み出したとみている。
この水準は、為替レートの変動がインフレや生産にどのような影響を与えるかを注意深く分析する。
必要であれば対応すると述べた。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 植田日銀総裁、望ましい水準よりも低いインフレ率の修復は困難

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

LINEじゃ言えない話はメルマガで配信してます。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう