おすすめ記事

為替の激しい下落時、国は「利上げか為替介入で対抗」-神田財務官

記事を要約すると以下のとおり。

神田真人財務官は16日夕、為替相場が激しく下落した場合には、国は「金利を上げることによって資本流出を止めるか、為替介入で過度の変動に対抗する」と述べた。
金利は為替相場の「ファンダメンタルズの一翼」として見ながら、主要7カ国(G7)などの合意に沿って、必要な時に適切な対応をしっかり取ることに尽きると語った。
 神田財務官は、IMFの一職員の発言に「財務省の財務官は反論もしないし、コメントもしない」と述べ、この日の自身のコメントはあくまで「一般論」としている。
日米の金利差からドル高・円安の流れが続く一方、150円付近では日本の当局による円買い介入への警戒感も根強く、ドルの上値は重い。
投機的な動きは絶えずあり、「それだけで判断するわけではないと述べた。」

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 為替の激しい下落時、国は「利上げか為替介入で対抗」-神田財務官

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう