おすすめ記事

米企業の決算説明会、人員削減への言及頻度がコロナ禍以来の高レベル

記事を要約すると以下のとおり。

米企業が決算説明会でレイオフに言及する頻度は、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)以来のレベルに高まっている。
 ブルームバーグがS&P1500指数の構成企業を対象に行った資料分析によれば、今回の決算発表シーズンでは説明会1回につき人員削減の後であまり余裕がないほか、バリュエーションの高さから株価の上昇余地が限定的だ。
 景気悪化が雇用市場の弱体化につながれば、株価上昇も危うくなる可能性がある。
9万人近くがレイオフされた23年1月を大きく下回る。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 米企業の決算説明会、人員削減への言及頻度がコロナ禍以来の高レベル

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう