おすすめ記事

米国株弱気派の主張に真実味か-チャート分析や経済指標が裏付け

記事を要約すると以下のとおり。

S&P500種株価指数のチャート分析、注目度の高いオプション指数からうかがわれる自己満足、相次いで示される 経済の軟調さ。
弱気派はS&P500種は今週、4000付近で200日移動平均に一時達したが、2営業日続落でその水準を大きく超えられなかった。
フィデリティ・インベストメンツのジョン・ガグリアルディ氏によると、同指数が200日移動平均からの上放れを試す動きはここ約1年で5回目は分からないが「他の4回の試みは成功しなかった」と語った。
 18日にS&P500種は1.3%それぞれ下げた。
    13日にS&P500種は終値ベースで200日移動平均を上回ったが、持続しなかった。
4000というこのレベルは心理的に重要な節目とみていると述べた。
ブルームバーグのポッドキャストで「この水準を上回ることができれば、テクニカルトレンドは改善すると思う」とした上で、「だが今のところはそこに至っていないと話した。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 米国株弱気派の主張に真実味か-チャート分析や経済指標が裏付け

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう