おすすめ記事

米国株弱気派の主張に真実味か-チャート分析や経済指標が裏付け

記事を要約すると以下のとおり。

S&P500種株価指数のチャート分析、注目度の高いオプション指数からうかがわれる自己満足、相次いで示される 経済の軟調さ。
弱気派はS&P500種で一時4%に達した今年の株価上昇がどんなに快調であっても長くは続かないと主張している。
フィデリティ・インベストメンツのジョン・ガグリアルディ氏によると、同指数は18日に約3929で終了した。
    13日にS&P500種は終値ベースで200日移動平均を上回ったが、持続しなかった。
4000というこのレベルは心理的に重要な数字であることと、22年の最高値からのトレンドラインが集中する水準付近であることだ。
ブルームバーグのポッドキャストで「この水準を上回ることができれば、テクニカルトレンドは改善すると思う」とした上で、「だが今のところはそこに至っていないと話した。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 米国株弱気派の主張に真実味か-チャート分析や経済指標が裏付け

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

LINEじゃ言えない話はメルマガで配信してます。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう