おすすめ記事

米連邦準備制度よりもタカ派、市場が転換-少ない利下げ幅見込む

記事を要約すると以下のとおり。

金融市場と米連邦準備制度理事会(FRB)は先週、金融緩和のペースについて見解が一致した。
    ナティクシスの金利ストラテジスト、ブノワ・ジェラール氏は「市場が当局よりタカ派的になるのは難しいと思っていたが、幾つかの証拠を前に、そうなるつもりのようだ」と語った。
10年物米国債利回りは2日に一時4.35%と、昨年11月以来の高水準を付けた。
関連記事FRBが重視するインフレ指数、前月から伸び鈍化-消費は回復6月の米利下げ確率、一時50%割れ-ISM製造業が予想以上の強さ  パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長は消費のデータ発表後に「ほぼ予想通り」と述べ、利下げを急ぐ必要はないとあらためて発言した。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 米連邦準備制度よりもタカ派、市場が転換-少ない利下げ幅見込む

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう