おすすめ記事

米CPI統計がテスト、株式・債券市場の見立てはどちらが正しい

記事を要約すると以下のとおり。

久しぶりに株式市場と債券市場が米国の経済と金融政策の先行きに対して異なるシグナルを放っている。
株式市場はさほどは懸念しておらず、同期間にS&P500種株価指数は1.5%近く上げている。
   リチャード・バーンスタイン・アドバイザーズのダン・スズキ副最高投資責任者(CIO)は「株式市場はディスインフレが続く中での良好な成長という「ゴルディロックス」シナリオを織り込みつつあり、恐らく成長とインフレ両面で負のリスクを過小評価している。
 ただ、ここ数週間は様子が変わってきた。
   1月の非農業部門雇用者数の伸びが予想を大幅に上回ったことで、見通しを再検討する動きは広がった。
 同氏は、グロース株が年初から好調な値動きを見せる中で上昇してきたが、CPI上昇率が予想以上に高ければ下押し圧力に直面しかねないと、F・L・パトナム・インベストメント・マネジメントのチーフ市場ストラテジスト兼ポートフォリオマネジャー、エレン・ヘイゼン氏は指摘。
その場合、「債券市場は上げの一部を吐き出すことになろう。」

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 米CPI統計がテスト、株式・債券市場の見立てはどちらが正しい

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう