おすすめ記事

金利0.5%上昇で企業の2割が「借り入れ断念」-東京商工リサーチ調査

記事を要約すると以下のとおり。

日本銀行によるマイナス金利解除の観測が市場に広がる中、企業の間で今後の借入金利の大幅な上昇に対する警戒感が強まりつつある。
 日銀の1月の金融政策決定会合以降、植田和男総裁や内田真一副総裁らから政策変更への地ならしとも取れる情報発信が相次いでおり、市場では3月か4月に正常化が行われるとの見方が広がっている。
東京商工リサーチは「金利の上昇局面では各金融機関の貸し出し競争がさらに激化する可能性もある」としており、金融機関の利ざや改善が鈍いものにとどまることも想定される。
関連記事:マイナス金利解除でも「緩和的な金融環境は当面続く」-日銀総裁日銀マイナス金利の解除後、「どんどん利上げ」考えにくい-内田氏日銀総裁、物価目標実現の確度「少しずつ高まっている」-緩和維持。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 金利0.5%上昇で企業の2割が「借り入れ断念」-東京商工リサーチ調査

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう